キャリアリメイクってなんのこと?


キャリアリメイクって?

みなさん、「これからの働き方ってどうなっていくのかな?」

って考えたことありませんか?

人工知能(AI)の実用化が進む一方で、国内企業では世界中から欲しがられる革新的な製品は、トヨタのプリウス以外この20年間では何もないですよね。

メイドインジャパンが最高品質を表す言葉だったのは、寂しいですがもう昔の話なんですよね。

そんな状況で、私たちはこれからどんな働き方をしていけばいいのでしょうか?

20代前半の多くの若者は、社会でまだはっきりとしたポジションは確立していないに等しいので、それほど心配することはないんですよ。

どうにでもやり直しがききます。

でも、20代後半になり、勤めている会社での働き方が一人前になってきた人は微妙で、30歳を超えるともうガチガチに固まっていてなかなか動かないものです。

「働くってこういうこと!」

という価値観が出来上がってしまって、仕事も人間関係もその価値観によってできたフィルターを通して認識するようになるので、フィルターに合わない価値観や発想には気づけないんですよ。

もしくは、10ある価値観や発想も、フィルターのせいで同じものに見えてしまうんですよね。

ズバリ、洗脳されたのと同じです。

だから、社会環境が大きく変わるという気配を感じても、

意外と「給料が減るかもしれないなあ、やだなあ。」

くらいの発想で止まってしまい、まさか社会での自分のポジションが変わってしまうかもしれないというところまでには至りません。

その昔、自動織機の出現によって織り子の仕事がなくなったように、革新的な技術によって労働環境内の自分の価値が自動的に下がるかもしれない、というところまでは発想が至らないんですよね。

もう少し危機意識がある人で、「自分はこれまで通りの働き方ができるんだろうか?」と思う人でも、いざ自分から新たなポジションに移動しようにも、いったいどこから手をつけたらいいのかわからず右往左往し、呆然とします。

いや、そもそもほとんどの日本人は無免許の航海士のようなもので航海図を読めず、自分の現在地すら把握できていないので、ポジションを移動しようにも舵を切る方向がわからないんですよね。

そんなものなんですよ。

ワタシもそうでしたから。

とはいえみんな、もっといい暮らしをしたい。もっといい仕事をしたい。と思う人は何らかのアクションを起こそうとしますよね。

そんな時、真っ先に浮かぶのは、

キャリアアップ

ではないでしょうか。

キャリアアップイメージ

キャリアアップについては、働く意欲のあるビジネスパーソンなら誰でも一度は真剣に考えたことがあるでしょう。

少しでも高い役職が欲しい

社会で認められたい

専門家として知識・経験を深めたい

レベルの高い仕事ができる企業へ転職したい

など、目的は色々とありますよね。

このような願望を眺めていると、

キャリアアップは縦方向へのポジション移動だと言えますね。

こういう上昇志向は、とても大切なことです。

こういう欲求があるからこそ、企業は成長し続けられるんですよ。

ただ、先述したように現状では国内企業をターゲットにして上へ上へと目指そうにも、閉塞感が強すぎて上り詰める場所としては魅力を感じないのではないでしょうか?

事実、現在より良い職場を求める人は外資系企業を目指すか、ベンチャー企業を起こして自分で高みを作ろうとしていますよね。

一方で、キャリアアップして出世レースに勝ち抜くことより、つながりを大事にしながら自分らしい働き方を模索する方向へ人生の目的を見出そうとする人もいますよね。

ワタシはそれを、

キャリアリメイク

と表現しています。

キャリアリメイクイメージ

キャリアリメイク的な考え方も、あなたも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

田舎暮らしをしてみたい

趣味で充実した時間を過ごしたい

仕事場以外の仲間が欲しい

夫婦で一緒に過ごせる時間を増やしたい

など、せっかく一度きりの人生を自分らしく生きてみたいと想像しますよね。

このような願望を眺めると、

キャリアリメイクは横方向に広げていくポジション移動だと言えますね。

ワタシは、自身でも経験しましたが、企業で働き続けることは素晴らしいことだと思っています。

やはり、社会の基盤を支えているのは企業ですから。

ただ、最初の方で書いたように、いざ社会環境が変わった時、それまで会社員としての経験しかない人と、それ以外の場所で仲間がいたり、いろいろな価値観に触れた経験のある人とでは、新たなポジション・環境に移動するにも後者の方が柔軟に対応できますよね。

これは別に、独立・起業することだけを指しているのではなく、今いる企業で社長を目指したり転職して新天地で活躍しようという場合でも一緒です。

また、今後AIが普及していくと、企業が従来の給与を維持するとは考えにくく、むしろ「減った給与は自分で補え」と企業側が率先して副業を勧めてくることも否定できません。

それならば、

従来通り企業で働く + 社会活動

従来通り企業で働く + 移住・田舎暮らし

など、企業から給与を得られているうちに自分が希望する生き方を試していくのが、5年後の社会環境と自分の関係を想像した時、一番安心だと思いませんか?

会社で働いているうちならば、「なんか違うかも・・・」と思った時は途中で引き返して、改めて次の思いつく面白そうなことを始められますよね?

何より、「なんか違うな・・・」と思って中断したことすら、新たな経験としてあなたのものになっているのですから、あなたの人生の器はチャレンジした分だけ大きくなっているんですよ。

ワタシは、あなたに寄り添って、確実にチャレンジできる方法を見つけるところからキャリアリメイクを実現するお手伝いをします。

Featured Posts
Recent Posts